買うお店はNLS~その理由

NLSのショップイメージ

1.運営歴20年!ネットで注文履歴が漏洩したことがない

Amazonでは2019年に、なぜか他人の注文履歴と氏名(一部は+住所まで)が1週間ほど見える状態が続きました。

まあ、これはアカウント名をニックネーム、配送先住所を注文時以外は消しておくなどで対応できますが、やはりちょっと不安。

でもNLSはアダルトグッズ専門で20年の運営。業界最大手で個人情報漏洩の事実は過去に一度もありません。マイナーなアダルトグッズショップでは過去に個人情報が業者に売られた事件もありました。NLSはその点でド安定。

2.ダンボールが特注品+二重包装で絶対にバレない

NLSは発送に使うダンボールが特注品です。何が特注かというと分厚さと紙の質。これがめちゃくちゃ頑丈。

Amazonではお馴染みのダンボール箱ですが、大型商品になると梱包が甘かったり、配送途中で破損して穴が空いて覗けたケースが報告されています。

NLSなら大雨にさらされても破けないほど超頑丈。さらに中は黒ビニール(これがまた分厚い)で再包装されているので、仮に箱に穴が空いても中身はバレません。

3.住所登録不要で偽名購入も事実上可能

NLSでは会員登録すればポイント還元が受けられます。でもそれだと個人情報が保持されて不安な人もいます。

ですが住所登録がそもそも不要です。

郵便局・コンビニ受け取り選択なら偽名で事実上購入可能です(これはAmazonも同じ)。

電話番号も050アプリにしてしまえば、どこの誰がアダルトグッズを買ったのか誰も全く分かりません。

4.個人情報の管理が徹底している

アダルトグッズショップでは真面目に運営していないお店もあります。

例えば、注文者の氏名をFacebookで検索して、どんな人が購入しているか、住所をGoogle Mapで調べて楽しむというたちの悪いスタッフがいるショップがあります。

こういうお店は片手間のマイナーショップだけです。暇だからです。複数経営の一つだから、仮に潰れてもそこまでダメージじゃないから個人情報の管理が曖昧です。

NLSはアダルトグッズ専門ショップで知名度も抜群のため、1日の注文数・出荷数ともにかなり多いです。

忙しすぎるので注文者の名前なんてまともに見ていませんし関心もありません。それにアダルトグッズ専門なので、個人情報漏れがあったら即廃業。Amazonみたいに「ごめんね?」で済まないので必死です。

特にNLSは個人情報管理が異常なレベル。

なんと入退室に生体認証システムを使っています。通販業全体でもここまでは普通しないですよね。

そしてスタッフの数の少数精鋭で入れ替わりも少ない。Amazonだとネット上の噂では誰が何を買ったかアルバイトが分かるなんて噂があります。Amazonだと大量の人が頻繁に出入りするので、そっちのほうが知り合いとかいそうで不安なんですよね。

5.【唯一】配送元氏名を自由に指定できる

AmazonはAmazonから配送なので構いませんが、アダルトグッズショップの場合は配送元氏名が荷物の伝票に記載されます。

アダルトグッズショップ名は書くとモロバレなので、どこも運営会社の名前など別名で発送されます。

しかし、ネットで調べればアダルトグッズであることは分かりますし、配送業者やコンビニの店員さんがそのショップ利用経験者なら、荷物の中身がアダルトグッズであることがバレてしまいます。

でもNLSは配送元氏名を自由に指定できます。だから配送元名でバレる可能性はゼロです。これができるのはNLSだけ。

6.20日間で個人情報など全て完全抹消されるゲスト注文機能あり

とにかく個人情報は残したくない!

という人は、通販ショップだとアカウントを作って注文して、終わったらアカウントを消すという作業が必要です。

ですが、実は個人情報はショップのサーバーに残っていることが結構あります。なので情報漏えいしたら、現会員でなくてもアダルトグッズ購入がバレる残念な結果になります。

NLSではこの点も対策しており、ゲスト注文機能が設けられています。

ゲスト注文なら入力した情報は発送完了後20日間で完全削除されます。

本当か?と疑いたくもなりますが、生体認証システムまで使っているショップなので、確かにそこまでやってくれそうな気はしますよね。

ゲスト注文を利用すれば、何も気にせず個人情報は一切闇に葬られます。さらに偽名注文なら完璧ですね。

7.80サイズ以上の荷物も偽名受け取りできる

NLSは別に偽名注文を公にO.K.としているわけではないですが、まあ実際やっている人は多いでしょうね。私もやってますし。

Amazonでも偽名は可能ですが、受け取りはコンビニ限定。そして荷物サイズが「縦横奥行きの3辺合計80cm」までとなっています。

80サイズって下から2番目なので、ちょっと大きめのオナホや複数商品を買うとオーバーします。何回にも分けて買うのはリスクが高まるだけだし面倒。

でもNLSだと郵便局で受け取れます。受け取り方はほぼコンビニと同じ。身分証明書の提示不要です。

郵便局だから170サイズまで対応可能。かなり大きなオナニーグッズでも、まとめ買いでも余裕です(NLSはコンビニでも100サイズまで対応)。

アダルトグッズ購入は回数が少ないほどバレるリスクが減らせるので、荷物サイズに余裕があるNLSのほうがいいんです(そもそもNLS利用の時点でバレませんが)。

8.配送業者が郵便局で安心

Amazonでも偽名購入はできるしバレ対策はできるのですが、配送業者がTMG中心なんですよね……

この配送業者はすこぶる評判が悪いです(私は今まで問題ないのですがそんなに悪いんですかね)。

2019年後半からは、荷物に住所氏名が記載されず番号だけで宅配するようになっており、余計に誤配リスクが高まっているような……(自宅配送の場合だけですが)。

コンビニ受け取りにすれば問題ありませんが、ダンボール箱の破損で中身が見えていたとかいろいろ悪評があるので、今後コンビニ受け取りでもTMGが運搬するなどなると大丈夫かな?という不安があります。

9.偽物や粗悪品がない

アダルトグッズには偽物や、本家と紛らわしい商品があります。

Amazon自体が在庫を抱えている商品は大丈夫ですが、第三者がAmazonで販売する商品には注意。

様々な分野で偽物や古い商品が売られていますが、Amazonはこれを取り締まれきれていません。

また中国製の電動アダルトグッズは口コミがいいものほどダメ。嘘レビューで固められています。

一方NLSでは20年運営の老舗なので当然偽物は売っていません。U.F.O.SAなどNLS限定の大人気グッズもありますし、粗悪品が多い中国製の格安グッズもNLSのスタッフがお墨付きにしたものしか販売していません。

バレない安全性も高いですが、商品自体の安全にも高いのがNLSです。

10.複数の業者に個人情報が渡らない

AmazonではAmazon以外のお店が商品を出品できます。Amazon以外の販売の場合、その業者に住所氏名などが伝わります。

Amazonで販売しているから個人情報は安心と保証されているわけではありません。中には悪質な業者もいます。

AmazonでAmazon以外が販売するアダルトグッズを買う場合は、信用できる業者・ショップでないとちょっと不安です。

NLSを始めアダルトグッズショップ全般は他社に購入情報は渡りませんので大丈夫。Amazonのように販売者をチェックする手間は不要です。

その中でも個人情報保護に厚いNLSが安心です。

商品を選びカートに入れる

NLSの商品ページ

普通のネット通販のように、商品をカートに入れて選んでいきます。

カートから「注文手続き」へ

NLSのカートから注文手続きへの行き方

カート画面に「注文手続きへ」のボタンがあるのでそれをクリック(タップ)。

ゲスト注文 or 会員登録のどちらかを選ぶ

NLSのゲスト登録方法

1.ゲスト注文の場合

NLSではゲスト注文と会員登録とで求められる個人情報は全く同じです。

  • 氏名
  • メールアドレス
  • 電話番号

だけです。

自宅配送を希望する場合だけ住所を登録しないといけません。他のショップだと住所登録が必須項目なので困りますが、NLSだとその心配もありません。

偽名で注文する場合は会員登録してポイントを取得した方がはるかにお得ですが、偽名は一応違反っぽいし……と不安ならゲスト注文が一番安心。

2.会員登録をする場合

個人情報はいつでも変更できます。

注文時は正式名称、それ以外はカモフラージュで偽名という人もいるでしょう。まあNLSの場合はそこまでしても差はないですが。

会員登録はポイント還元が大きいです。

さすがに価格面でAmazonに負けることが多いですが(ただし販売業者名に注意)、ポイント還元があればAmazonに負けませんし安くなる商品が増えます。

偽名で買うなら会員登録で問題ないです。

必要な項目を入力する

  • 氏名
  • 電話番号

最低限必要な個人情報はこれだけです。

上記画像は正規会員の画面ですが、ゲスト注文でも登録すべき個人情報は全く一緒です。

1.偽名の場合の注意点

郵便局・コンビニ受け取りの場合は、受け取り時に身分証明書の提示が不要です。だから事実上、偽名で買うことができます。

ただし、偽名は以下の部分に記載、利用されます。

  • 荷物の伝票
  • 銀行振込の場合は振り込み名義
  • 荷物受け取りのときのサイン

偽名をふざけた名前にすると恥をかいたり、そもそもお店から問い合わせが入る可能性があります。

2.電話番号は050アプリが可能

電話はNLSからかかってくることはありません

あるとしたら、宅配業者からです。

  • 大型商品の場合の在宅確認
  • 時間指定に遅れるなどの連絡

などです。

ですが、今回の買い方では、郵便局受け取りかコンビニ受け取りなので、電話番号は必要とされません。

仮に電話番号が流出しても個人情報としての価値はありません。

気になる人は、基本使用料無料の050アプリで電話番号をゲット。それを登録しておけばO.K.

SMARTalkは基本料無料なので待受用にぴったりです。

SMARTalk(旧:IP-Phone SMART)

配送方法を選ぶ

NLSの発送方法選択画面

配送方法は郵便局受け取りを選択します。

どの郵便局でも基本受け取り可能ですが、24時間受け取れるのは集配局(本局)という、手紙や荷物などの配達局だけです。

配送元氏名(業者名)を変更できるのは郵便局受け取りのみです。

コンビニ受け取りでは不可なので注意。

配送元氏名も変えておけばアダルトグッズとバレる要素は100%なくなります。

荷物の情報を入力する

1.配送元名を適当に変える

NLSの配送元変更画面

配送元の名前を、普段利用しているお店の名前にしたり、架空のショップ名などにします。

「ニコニコペットフード」

と仮にした場合、配達員からはペットフードが入っているとしか思えません。

○○商事

みたいに一般企業名でも良識ある範囲なら何でもかまいません(ふざけた名前はやめましょう。

2.荷物の品名を変える

荷物の品名も自由に変更できます(他のショップは選択制)。

パソコン部品や雑貨などがこの業界で多いカモフラージュ品名です。

もし気になる場合は、配送元名と合わせて変更しておくといいでしょう。

支払い方法を選び支払う

NLSの支払い方法は、

  • 代引き(手数料要)
  • 銀行振込(前払い)
  • クレジットカード
  • コンビニ払い(手数料要)

があります。

クレジットカードで買った場合でも明細にアダルトグッズショップと分かる記載はされません。

銀行振込の場合、振込先口座名がアダルトグッズショップの運営企業です。

この企業名を知っているとアダルトグッズの購入代金と推測できますが、振込先を誰かに見られるってことはないので心配不要。

また、振り込み名義は本名なら本名。偽名な偽名です。

受け取り可能メールが届いたら郵便局で受け取る

郵便局での受け取り方法

メールで、荷物の受け取りが可能なことを知らせるメールが届きます。

そのメールを受け取ってから指定した郵便局に行きます。

1.受け取り方

窓口でゆうパックの引き取りに来たことを伝え、届いたメールを見せます。

もしくは用意された用紙に、

  • 問い合わせ番号
  • 認証番号
  • 氏名

を記入して提出します。

氏名は購入時に使用した氏名です。偽名の場合は偽名が表示されます。

2.受け取りのサインをして引き取る

身分証明書の提示は不要ですが、受け取りのサインが必要です。

偽名ならサインも偽名です。

まとめ

NLSは20年の運営実績があり、商品の品揃えも豊富。大手メーカーと共同開発するオリジナルグッズや、U.F.O.SAといった人気商品の独占販売などが人気です。

プライバシー配慮は業界No.1でこれまで事故もありません。

手軽さで言うとAmazonですが、完全にバレない買い方となるとNLSです。

Amazonの場合、少し気をつけて買わないとアダルトグッズであることがバレるケースがあるので注意(かなりレアですが)。

※配送元氏名を変更する必要がないならコンビニ受け取りでO.K.です。