100%アダルトグッズ購入がバレない買い方

方法は?

バレる、というレベルをどこまでにするか?によりますが、できる限りのリスクを避ければ事実上100%バレません。

考えられる現実的なバレリスクを回避しつつ、安全に買うための方法は以下の通り。

ネット通販だけにする

ドン・キホーテでも多少のアダルトグッズは買えます。

昔からある大人のおもちゃ店でも。

最近だと信長書店みたいなお店でも。

ただどこも品揃えが少なく、知り合いに見られる可能性があるので高リスクです。

やはりネット通販は一番バレません。

買うショップは限定する

ネット通販の場合、どうしても個人情報がショップに渡ります。

もし個人情報が流出した場合は危険。

ただ、普段アダルトグッズを買うショップが1つの場合と、3つの場合だとリスクは3倍違います。

個人情報を渡しているショップが多いほど、あなたのアダルトグッズ購入歴が漏れる可能性が事実上高まります。

推奨は順は以下の通り。

  1. NLS
  2. Amazon
  3. その他アダルトグッズショップ

NLSは2000年創業の老舗。かつ社内に生体認証導入、購入者の個人情報完全削除、事実上偽名・住所なしで購入可能。価格も安いのでいつも利用しています。

Amazonは何回か個人情報問題がありますが、ここも事実上偽名・住所なしで買えるので気にしなくて大丈夫。ただ、出品者には注意。ここさえ気をつければバレません。

NLS(アダルトグッズショップ)はどんなお店?
アダルトグッズを買うならNLSがおすすめ。No.1の個人情報管理と価格の安さ。商品の豊富さが売りです。

自宅配送の場合は?

自宅配送の場合、バレる可能性は以下の通り。

  • 配送元氏名でバレる
  • 誤配
  • 家族が勝手に開封
  • ダンボール箱が破損して中身が見える

配送元氏名が変えられるショップで買う

アダルトグッズショップの場合、店名で配送するとアダルトグッズであることがバレてしまいます。

そこで各ショップはカモフラージュ名を設けており、アダルトグッズ購入であることがバレないようにしています。

ただ自宅配送の場合、いつも来る配達員がカモフラージュ名を知っている可能性があります。例えばそのショップの利用者だった場合。

これを避けるには、

  1. Amazonで買う(ただしAmazonが配送する商品に限る)
  2. 配送元氏名が指定できるショップで買う

の2パターンです。

配送元氏名が指定できるショップはNLSだけです。

NLSが選ばれるのはここも大きいです。

NLS(アダルトグッズショップ)はどんなお店?
アダルトグッズを買うならNLSがおすすめ。No.1の個人情報管理と価格の安さ。商品の豊富さが売りです。

誤配リスクはNLSしか防げない

間違って隣家などに届けてしまって開封される……

隣近所の人にアダルトグッズ購入がバレるという最悪な結果に。

誤配を防ぐには配送業者が重要です。

Amazonは独自の配送サービス網を構築していますが、なんと受け取りにハンコが不要です。どう考えても誤配リスクがあります。

住所氏名が箱に書いていませんが、中の納品書の名前を見ればバレます(今は住所記載を復活させました。

一方、NLSは郵便局かヤマトです。安心感でNo.1

さらに、NLSのダンボール箱は頑丈な黒ビニールで内部が二重包装されています。

誤配で開封された場合でも、さすがにびっくりします。あれ?と思って届け先の住所氏名をもう一度確認します。

まず黒ビニールを破いてまで覚えがない荷物を開封しないでしょう。

自宅配送希望の場合、配送元氏名も変えられるNLSしか100%バレないとは言えないでしょう。

家族の開封リスクはAmazonが一番高い

家族が勝手に開けてしまう事故もあります。

この場合、Amazonが一番可能性が高いです。

Amazonは家族それぞれが利用している可能性があり、自分の荷物かと勘違いしやすいです。

しかもヤマトではなくTKG(Amazon独自の配送ネットワーク業者)だと住所氏名の宛名ラベルがありません。

家族は開封して確認しようとするので危険です。

NLSなら宛名ラベルが書いてあるし、開封しても黒ビニール。まず「あれ?」と思うのでそれ以上は開封されません。

大型・重重量のグッズはダンボール箱破損に注意

大きい、重いアダルトグッズは、どうしてもダンボール箱に負担がかかって破損しやすいです。

レアですが、

  • 上側が潰れて隙間が開いて中が見える
  • 破れて中身が見える(特に雨の日)

といったことがあります。

これは使用するダンボール箱の質によって変わります。

海外通販のダンボール箱は質が悪くて破損が当たり前。よく配送業者がテープで補強していますが、その際に中身が見えていた可能性大。

国内ではAmazonがありえます。悪くないけど薄いダンボール箱です。

一方で異常なほど頑丈なのがNLSです。

工業製品、鉄製品を入れるダンボール箱より頑丈なレベル。めちゃくちゃ質がいいです。

まず上記の中身見えリスクはありません。大雨でビショビショになっても破れないでしょう。

こういった細かい点にもコストをかけてバレ対策をしているのはNLSだけです。

コンビニ・郵便局受け取りの場合は?

自宅以外で受け取る場合は、偽名・住所なしで購入すれば問題ありません。

偽名・住所なしで購入できるのは

  • Amazon
  • NLS

だけです。

ダンボール箱の質や、万が一の中身見えなどのリスクを考えるならNLSで。

アダルトグッズを偽名・住所なしで購入する方法
アダルトグッズを買うのは恥ずかしい……もし他人にバレたら……という不安を解消するのが偽名購入。その実態と方法を解説。

コンビニ・郵便局受け取りは怪しい中身だと思われないか?

昔は、「郵便局留め」は人に言えない商品だと推測される、なんて話がありました。

まあ噂なんですが、郵便局留めの利用数が少ないだけにそう思われていたのかも。

でも今は違います。

みんなコンビニや郵便局で受け取る人が増えています。

理由は個人情報があります。

また不在が多いから自分で取りに行きたいという一人暮らしの人も多いです。

それと、郵便局、ヤマトともに働いた経験がある私から言わせてもらうと、

「荷物の配送元・中身なんて微塵も気にしていない」

です。

割れやすい、重い、といった扱いには注意しますが、配送ラベルの情報とか全然見ていませんでした。いや見ているんだけど記憶にない。関心がない。

正直、そんなゆっくりしている暇なんてないので。あれだけ荷物を毎日扱うと、そんなことどうでもいいんですよ。だから安心してください。

ネットの会員情報が流出しないか?

事故はアカウント登録の内容次第で防げる

アカウント登録で住所の登録が必須じゃなければ安心です。

AmazonとNLSは住所登録不要です。

また偽名やハンドルネームで登録できるので、仮に情報流出があっても痛いことはありません。

メールアドレスだけ漏れても、個人と紐付ける情報がないと誰かは特定できません。

ただ、過去に以下のような事故はあります。

mazonユーザーが震え上がった「注文履歴流出騒動」の恐ろしさ 解消報道後も「不誠実」と怒りの声やまず – ねとらぼ
Amazonの事例。なぜか他人のアカウントにログインしてしまい、登録状況によっては住所氏名と購入履歴がセットで丸見えに。

SOD動画無料配信に「情報流出」報告 会員のメルアドや閲覧履歴が…会社側「調査中」
FANZA(DMM)の事例。住所氏名までじゃないものの、メアドが知り合いのだと「あいつのだ」とバレてしまうことに。性癖がバレてしまう。クレジットカード情報も番号などは見れないようでしたが、アルファベット氏名は見れていたのでしょうか。

案外と大手企業ほどやらかしてしまうので、堅実で地道にやっている専門のアダルトグッズショップのほうが安全なんですよね。

NLS(アダルトグッズショップ)はどんなお店?
アダルトグッズを買うならNLSがおすすめ。No.1の個人情報管理と価格の安さ。商品の豊富さが売りです。

Amazonの出品者に注意

Amazonでは、Amazon以外の第三者が販売している商品があります。

この場合、Amazon以外に出品者に注文者の個人情報が渡ります。

また、配送も第三者が行う商品の場合は、コンビニ受け取りができません。だかあら自宅などの住所氏名を伝える必要があります。

楽天などと違ってAmazonは第三者がほぼ誰でも出品できるので、アダルトグッズを買う場合はAmazonが販売する、もしくはAmazonが配送する商品に留めるべきです。

バレないおすすめの買い方は?

NLS推奨です。

自宅配送でもまず問題ありません。

配送元氏名は普段利用している一般店名などに買えておけばバレる可能性はゼロです。

DMなど一切ありません。10年以上利用していますが安心感があります。

固くいくなら、コンビニ・郵便局受け取りで。

偽名・住所無しで買えるので、NLSに一切の個人情報が渡りません。

メールアドレスと電話番号くらい。

電話番号も住所や氏名がセットじゃないと個人特定ができないので意味がありません。

気になる人は050アプリを使えばO.K.です。

アダルトグッズを偽名・住所なしで購入する方法
アダルトグッズを買うのは恥ずかしい……もし他人にバレたら……という不安を解消するのが偽名購入。その実態と方法を解説。
タイトルとURLをコピーしました