男がオナニーの方法を探求するとたどり着くのが「セルフフェラ」です。

セルフフェラとは、自分で自分のペニスをフェラチオすることです。

アクロバットな方法なのですが、はっきり言ってほぼ無理。そして、実現しても後悔する確率が高いです。

なぜセルフフェラに興味を持ってしまうのか?

代替手段は?

セルフフェラに必要な条件

簡潔に言って、セルフフェラはやろうと思ってもほとんどの人は無理です。

練習しても無理です。

なぜなら、どうしても特殊体型というか特別な体の使い方が必要になるからです。

どういうことかは動画を見てからなら分かりやすいでしょう。

セルフフェラ→口内発射(ゲイ向け動画なので注意)
https://jp.pornhub.com/view_video.php?viewkey=ph59872269e559f

この様子を見て気づくことがあります。

1.肋骨最下部から急角度にお腹が折れる柔軟性

セルフフェラしている動画を見れば、一般人と何が違うのかすぐに分かります。

明らかにお腹の当たりで「2つ」に折れ曲がっているんです。

背中をできるだけ前にかがんで曲げようとした場合、背中はもちろんお腹側も曲線を描きます。

ですが、それだと自分のペニスに口が近づきません。

一方でセルフフェラ成功者の動画を見ると、肋骨がなくなった当たりからポッキリと真っ二つに体が折れているのが分かります。

これを柔軟性と呼んで良いのかどうか?

柔軟性だけでは語れない特殊な体型や背骨の形があるとも考えられます。

2.首の長さと曲がる角度

セルフフェラをしようとした際に、たった状態で前に体を折り曲げる姿勢を試すでしょう。

しかし、よっぽど脚が長いか、胴が短いかじゃない限り、自分の口はペニスより遥か床のほうに到着します。

かといって折り曲げるのを浅くするとペニスから距離が遠のきます。

結果、首が長くて曲がるほど、この問題をクリアできます。

首は曲げようと思ったら前にグッと曲がりそうですが、いざセルフフェラのためにやろうとすると曲がりません。思った以上に首が詰まって短いことに気づきます。

ある程度長くて曲がる首を持っているなら、ペニスに口が到達する可能性は増えます。

3.筋肉量が少ない

筋肉が多いと無理に体を曲げる際に邪魔になります。

筋肉は柔軟性を持たせられますが、それは本来動く動作範囲内の話。

セルフフェラのように無茶な姿勢を取る場合、背中の筋肉はかなり引っ張られる形になります。

体の柔軟性を売り物にした大道芸人。日本でならエスパー伊東さんでしょうか。

どこの国の大道芸人にしても、なかやまきんに君みたいにゴリゴリのマッチョはいませんよね?それだけ柔軟性に立派な筋肉は邪魔だということです。

セルフフェラをしたいならマッチョよりガリガリのほうがやりやすいのです。

4.ペニスの長さ

セルフフェラ動画で気づくことは、成功者もディープスロートまではできていないことです。

かなり亀頭付近でストロークしています。

成功者でも結構ギリギリなんです。

また、セルフフェラ動画の多くが外国人である点もペニスサイズの必要性を物語っています。

日本人平均は13cm程度と以前から言われていますが、セルフフェラを可能にするには16cm以上はあったほうが望ましいでしょう。

まあ、セルフフェラのために増大トレーニングする人はいないと思いますが。

セルフフェラに適した姿勢・体制

セルフフェラの方法はマンぐり返しと脚を伸ばして座った状態が定番です。

立ったままと姿勢維持が難しいですからね。

ただ姿勢をどうこうしたところでセルフフェラが可能になるわけでもありません。

1.マンぐり返し

これも動画を見たほうが早いです。

女性にしか見えないシーメール(ニューハーフ)のセルフフェラ
https://jp.pornhub.com/view_video.php?viewkey=ph5956ba1580112

セルフフェラをする場合、

  • お腹を折り曲げた姿勢を楽にキープできるか?
  • 首を曲げた状態で我慢できるか?

この2つが重要です。

これを解決する一番の方法が「マンぐり返し」の状態です。

女性の下半身を持ち上げて、脚をバンザイさせた状態でクンニしますよね。その女性の姿勢を取ります。

お腹の中心でうまく曲げられるなら、お尻と太ももの重さで曲げた状態を楽にキープできます。

さらに、首の下にクッションを置いて、首が曲がった状態を維持します。

これによって、意識せずともセルフフェラ姿勢が完成します。

もちろん2つに折れ曲がる難易度はありますが、姿勢をキープする辛さは解決できます。

2.脚を伸ばして座った状態

手こぎボートを漕いでいる姿勢ですね。

最初に紹介したゲイ向け動画の姿勢です。

これは柔軟性も必要です。

マンぐり返しのように体重を活かせないため、体を真っ二つに折った状態を自力で維持する必要があります。

セルフフェラを可能にするトレーニング方法

どうすればセルフフェラが可能な体になるか?

ある程度素質がある人ならトレーニングで可能になるでしょう。

ですが骨格の絡みもあるので、無理な人はどうやっても無理です。

よくヨガをすれば……なんて言いますが、ヨガでセルフフェラの姿勢とかあったでしょうか……

1.ヨガを極めても成功確率は大して変わらない

ヨガをやれば柔軟性が高まってセルフフェラしやすいと言われていますが、ヨガをやってもあまり成功率は上がりません。

理由は、肋骨を除いた部分のお腹が真っ二つに折れ曲がる必要があるからです。

ヨガで検索してみれば分かりますが、セルフフェラみたいな姿勢になっているのは見かけません。

片岡鶴太郎さんが「内臓はがし」という技?でお腹をぺったんこにしていますが、だからといってセルフフェラできるほど体が折れ曲がっていません。

確かにヨガは柔軟性を高めますが、セルフフェラは柔軟性とはやや別の部分に秘訣があるため、無駄にはならないものの、ヨガ=セルフフェラが可能になる、という図式にはならないのです。

2.お腹を起点に折り曲げる柔軟体操

結局の所、お腹をポキっと折り曲げられるかどうか?

これがセルフフェラの必須条件です。

これをどうやって習得するかですが、おそらく先天的な体格が多いな要因になっていると思われます。

トレーニングしてもこれができるというイメージができませんよね。

ただ、人はしつこく同じことをやりつづけると、不思議とそれに順応して体が変わっていきます。

変な話ですが、体が90度に折れ曲がったお年寄りがいますよね。

あれも急激にああなったわけではなく、徐々に積み重なって折れ曲がったのです。

とはいっても、ただ単にかがんでいるお年寄りと、セルフフェラの二つ折れは別物。

お腹を引っ込めつつ、頭蓋骨を引き寄せつつ体を前屈させる。

これを意識して曲げる練習をするしかないのかもしれません。

セルフフェラをやるべきではない理由

セルフフェラはほとんどの人が無理です。不可能です。

で、それを極めようとすると体、特に背骨に負担がかかります。

徐々にやっていけば問題ないでしょうが、オナニー方法なので興奮が伴っています。無茶しがち。

男はオナニーになるとなぜか奇想天外なことをする生き物。

セルフフェラに関しても、今は興奮と期待があるからいいものの、実際にやってみると大きなリスクがあります。

1.椎間板を痛めて姿勢に影響がでるかもしれない

セルフフェラをやってやるんだ!

と無理なトレーニングをすると、背骨がズレて椎間板ヘルニアになる可能性もあります。

当然めちゃくちゃ痛いし、完治するのが困難になります。

そこまでいくことはまあレアでしょうが、そうでなくても姿勢が悪くなる可能性はあります。

背骨は一度痛めると後の生活が不便になります。

オナニーのことになると無茶をする男性が増えます(ワイン瓶をアナルに突っ込んだりとか……)。

セルフフェラはかなり無理がある無茶なオナニー方法です。生活を壊す可能性があることも頭に入れておいてください。

2.射精したあとが悲惨

セルフフェラが仮に成功したとして最終的にどうなるか?

やはり射精を目指すはず。

ですが、口内発射でも顔射でも、セルフフェラでそれをやるととんでもなく悲惨なことになります。

御存知の通り、射精をすると一気にエロい気分が萎えます。賢者タイムです。

射精した瞬間に冷めます。

でももう間に合いません。

口や顔に自分の精液が降り注ぎます。注ぎ込まれます。

今、何もエロくないときに自分の精液が顔にかけられる、口に流し込まれると想像してみてください。

自分の精液で女性を汚すことはエロく感じても、自分が汚されるのは何も興奮しないのでは?

セルフフェラに関心がある男性でも、99%は萎えると思います。

女性が顔射されても耐えられるのは、女性側は性的に萎えていないからです。

セルフフェラで顔射・口内発射は冷静に考えたらやばくないでしょうか?

なぜセルフフェラをしたくなるのか?

セルフフェラに関心がある人は、

  • ガチでそっちの気がある
  • ただ単に興味があるだけ

のどちらか。

多くは後者。

本気でセルフフェラを極めたいと思っている人より、オナニーの仕方に迷ったり行き詰まって関心を抱いたレベルの人が多いでしょう。

1.単純にペニスを咥えてみたい欲望があるから

セルフフェラは別にホモやゲイのオナニー方法ではありません。ノンケの女性好きな男性も多くが関心をいだきます。

結局は、ペニスを咥えてみたいだけなんです。

純粋にそこだけ。

かといって男のペニスを咥えてたいなんてありえない。

でも自分のならって話だけです。

前立腺オナニーではアナルに自分の指を挿入します。

でも他人の男のアナルに指を突っ込むことは誰でも嫌でしょう。それと同じです。

アナルに何か入れたくなるけど、別に掘られたいわけじゃありません。

セルフフェラも同じで、単純にペニスを咥えたらどんな感じだろう?という好奇心だけです。

2.一時期の気の迷い

男のオナニーは射精の瞬間しか気持ちよくなくて、女性と違ってやり方にマンネリが生じやすいです。

何かもっと気持ちいい方法はないか?

そう考えたとき、じゃあ自分で咥えてみたら、女性にフェラチオされるみたいに気持ちいいんじゃないか?って思うだけ。

気の迷いの一種です。

そう思ったからといってホモやゲイの道に入ったわけじゃありません。

セルフフェラの感覚を味わえる代替手段

セルフフェラは普通の男性も興味を持っちゃう不思議なオナニー方法。

でもまあ実現はしません。

そして実現してもそんなに気持ちいいものでもありません。

でもセルフフェラをしてみたい気持ちはどうすればいいのか?

それなら代替手段で体験するしかないでしょう。

自分のペニスを咥えなくても、セルフフェラで得られそうな満足感やそれを超える気持ちよさは味わえますからね。

1.フェラチオ自体は実はあまり気持ちよくない

セルフフェラできたら気持ちいいんだろうな~と考えている人は、女性にフェラチオされた経験があるでしょう。

今どきフェラチオなんてプライベートでも風俗でも軽いプレイ。特にありがたいものじゃありません。

そして、冷静に分析してみると、フェラチオ自体は「そんなに気持ちよくない」プレイなんです。

確かに射精に導かれるのですが、明らかにオナホのほうが気持ちいいです。

でもリアルに女性にフェラチオされると、高まって射精してしまう。

結局の所、フェラチオの刺激自体というより、女性に咥えてもらっている背徳感、征服感が興奮を誘っており、それと女性の口の物理刺激が組み合わさって気持ちよさを形成しているのです。

純粋にフェラチオだけの刺激では、よっぽどうまい女性じゃないとそんなに気持ちよくないのです。

極端な話ですが、女性の膣だけオナホみたいに存在した場合、それでオナニーしてもセックスより気持ちよくないですよ。

2.見た目が「女性」の男性と咥えっこする

女性にディルドを装着させて咥えても何も感じません。

ですが、見た目が完全に女性の竿付きニューハーフの場合、自分が「彼女」のを咥えて、さらに自分の咥えられるとセルフフェラの感覚が体験できます。こういうことかと納得。

ただ、ニューハーフにはピンきりがすごくあります。

マジで女性にしか見えない人から、三日三晩寝ないで仕事した翌日なら何とかなる?というレベルなど様々です。特に声で萎えるパターンは多いです。

絶頂竿付きランジェリーノ 城星凜

この人は見た目もそうですが声も女の子なので間違いなし。

理想の相手を探すのは苦労しますが、リアルなセルフフェラ感覚を味わうならニューハーフ風俗です。

もしくは出会い系に結構美人なニューハーフがいるので、それを探すかですね。

ニューハーフは恋愛相手に困っているので、出会い系でマジ女性にしか見えない人が見つかります。もちろん爆弾処理の場合もありますが。

3.オナホを口に加えてやるのは全く意味がない

TENGAやオナホを口に加えた状態でマンぐり返しすればセルフフェラできます。口の位置をはるか全面に移動できるからです。

ただ、これはセルフフェラしたくなる理由を満たしていませんよね?

ただ姿勢を変えたオナホオナニーとなんら変わりません。ちょっと考えた分かることですが。ただのアクロバットオナニーです。

もしやるならですが、TENGAを口に加えるのは正直きついです。太いので噛んで保持する必要があります。

普通のオナホなら、ペットボトルを切って、飲み口を咥えて維持する方法があります。

ペットボトルなしだとオナホが垂れてしまうからです。TENGAが勧められるのは、TENGAはハードボディだからです。

ただ、オナホも結構重いので、マンぐり返しの状態では歯に結構負担がかかります。

まあ現実的じゃないですね。

4.フェラチオの気持ちよさに似たオナホ

もし、単純にフェラチオされているときの気持ちよさ+αを感じたいなら、

回転式の電動オナホ+フェラチオ動画

の組み合わせが鉄板です。

A10サイクロンSA

回転式の電動オナホはA10サイクロンSAです。電動オナホの王様ですね。

ピストン式A10ピストンSAより売れているのは意外かもしれませんが、オナホが回転する刺激が新鮮で気持ちいいんです。

この絡みつく気持ちよさは、フェラチオがうまい女性の口名器と似ています。

純粋に刺激内容はフェラチオとは違います。

ただ、得られる満足度のベクトル、種類は似ています。

これにフェラチオAV動画を組み合わせるとよりリアルになります。

VR動画ならなおさら。

A10サイクロンSAは+1D動画対応なので、AV女優のフェラチオ動作に合わせて電動オナホが回転します。

不意にグッと舐められるフェラチオ独特の気持ちよさ。これが見事に再現されています。

セルフフェラもいいですが、気持ちよさ優先ならこっちですよ。

【まとめ】セルフフェラ

まあ頑張ってやったところで得られるメリットは……

セルフフェラの条件
  • 肋骨下部から体をできるだけ鋭角に折り曲げられるかどうか?
  • ペニスの長さは長め以上(16cm以上は欲しい)
  • ヨガをやってもできるわけじゃない
セルフフェラ代替手段
  • オナホを自分で咥えるのは意味がない
  • ニューハーフとの相互フェラは美人なら意外と可能(風俗 or 出会い系)
  • フェラチオの気持ちいい部分だけ抜き出した感覚の電動オナホ「A10サイクロンSA