オナホの固定方法(腰振りオナニーのために)

お金をかけないでいい方法は?

布団・マットで包む

自然と試す人が多い伝統的な方法です。

  • 布団
  • マット(薄い素材)
  • 電気毛布
  • ウレタンマット

なるべく柔らかくてしっかり芯まで巻ける素材が必要。巻いて芯に空洞が大きく空くものは使えません。

オナホをビニール袋に入れて、布団などにオナホのオイルが付着しないようにします。

ビニール袋に入れたオナホを布団などです巻きに。

さらに上からロープなどで縛ると完成。

電気毛布は暖かくて人肌を再現?できますが、長時間巻いたままにするとオナホから油が漏れ出してくるので注意。また火災などならないように。

筒・容器に入れてテープ固定

オナホがちょうど入る筒や容器を用意。その中にオナホを入れて、容器をテープなどで机等に固定。

すると腰を振っても動きません。

問題なのは、オナホがちょうど入る筒や容器が見つかりにくいこと。

使い捨てでよければTENGAが固定しやすいですね。

ドーナツクッション

痔の人が使うドーナツクッション。真ん中に穴があるクッションです。

穴の壁にオナホをもたれさせて、周りをタオルなどで詰めます。オナホが動かないように。

すると、ベッドに置いたときに、丁度いい角度でオナホが斜め上を向いてくれます。

この姿勢だと正常位の形で腰を振れます。

顔の位置にはAVや何かしらのネタ・おかずを用意しておくと、簡易的な疑似セックス感覚。

固定グッズを使うなら?

抱き枕

オナホが装着できる穴が備わっている抱き枕があります。

価格は2,000円程度からなので、専用グッズとしては安い。

面倒なことせずに確実に固定できますし、しっかり手で抱えられるのでセックス感も増します。

オナホ固定機能付き抱き枕一覧
オナホを固定して腰振りオナニーができる抱き枕一覧。手でオナホを動かさないだけで気持ちよさ大幅アップ!
オナホ固定機能付きお尻ラブドール一覧
オナホを固定できるお尻の形をしたグッズ。お尻だけのラブドールは下着も履かせられます。

ラブドール

ラブドールは、本格的なものほどオナホ機能が固定されています。

ですがオナホは別に装着するタイプも多くあります。

このほうが洗浄しやすいので取り扱いは楽。価格も安く、見た目もよりエロいのでオナホ固定目的にはおすすめ。

クッション素材ラブドール一覧
本当の抱き枕素材と同じ。軽くて大きくて抱き心地がいいラブドール。抱きしめたりいろいろしやすい素材です。
顔プリントなしエアダッチ系ラブドール(空気嫁)一覧
顔のプリントがない使いやすいタイプのエアドール。ラブボディシリーズが代表です。
顔プリントありエアダッチ系ラブドール(空気嫁)一覧
はめドル!!育成中 エイカ まあ……ラブライブですよね。これ。いいのか。これ。 アニメ顔は一歩間違うと昔のダッチワイフになりますが、これはバランスが取れているでしょう。 ラブライブの推し...

固定アーム・スタンド

オナホを机に固定するグッズです。

ただ構造的に、材質的に微妙なものが多いです。強度不足など。

ちょっと脱線するかもですが、A10サイクロンSAやA10ピストンSAなどの電動オナホは、スタンドベーシックという鉄製の固定器具があります。

VRバーチャルセックスのときに必要になるものですが、これがガチガチに固定できますよ。

おもちゃ固定機 ハンズフリー

おもちゃ固定機 ハンズフリー

NLS 販売ページはこちら

リンク先について:NLSはこんなショップです

VRバーチャルセックス(VR連動オナニー)の仕方
アダルトグッズと連動するVRのAVを使った、一切手も頭も使わない完全自動オナニーの仕方。私のメインオナニー方法はこれです。

その他方法は?

どうしても手持ちのオナホを使いたい、気に入っているなら上記の方法がおすすめ。

ですが、ただ単にオナホが固定されていればいい、というのなら以下の手段がおすすめ。

さすがに全身ラブドールは価格も高いので躊躇しますが、体の一部のパーツなら価格も取り扱いも問題ないでしょう。

おすすめは、リアル系の大型オナホ(極上生腰など)と下半身ラブドール。

最近伸びているのが下半身ラブドールです。下着とスカートを履かせると驚くほどエロくなります。

【安定感】5kg以上の据え置き大型オナホ一覧
極上生腰 据え置き大型オナホの王様。約5kg。 とにかく発売当初から売れっぱなし。ここまで安定して売れ続けている高額オナホなんて他にないです。 製造に時間がかかるせいもあって、1年間で品切れ期間が最も長いオナホです...
下半身(腰から下)ラブドール一覧
腰から下の下半身ドール。上半身よりエロさアップでお手軽。腰振りオナニーでは新感覚の興奮度が味わえます。
タイトルとURLをコピーしました