前立腺オナニー(アナニー)の危険性と対策・予防方法

前立腺オナニーって危ないの?

普通にやる分には大丈夫です。

でも、何も知らないとリスクはそこそこあります。

考えられるリスクは以下の3つ。

  • 切れ痔
  • お腹の調子が悪くなる
  • 性欲の暴走

ただ、どれも意識するだけで回避可能。そんなにリスキーなことはありません。

ちなみに肛門が緩くなってしまうことは絶対にありません。

あれはフィストファック(腕を入れる)みたいな、むちゃくちゃな拡張をやればの話です。

あとアナルセックスにありがちな脱肛も心配ありません。

綿棒を使った前立腺オナニーの仕方
綿棒を使った前立腺オナニーの仕方を紹介。簡略なやり方じゃなくて、実はかなりドライオーガズムに近づける有効な方法なんですよ。

どんなリスクがあるの?

痔になる可能性は低い(むしろ良くなることもある)

前立腺オナニーで痔になる可能性は低いです。

昔はありました。

理由は、旧式のエネマグラは成形時のバリが残っていて、これをヤスリで削るなどしないと簡単に肛門が切れたからです。

また、エネマグラバンブーやサドルなど、複雑で鋭利な形状のタイプが存在しており、これを使うとやはり切れやすかった事情がありました。

ですが、今では「無茶をしない限り」は、まず切れ痔になることはありません。

  • ローション不足
  • 痛いのに無理やり挿入
  • 爪が長い(荒れている)状態で指を挿入
  • 太いエネマグラやNEXUS REVOを無理に使う

といったことを「繰り返せば」痔になる可能性は高まります。

こういったことは、主にアナルセックスで起きがち。

ピストン動作は締まっている肛門の皮膚に強い摩擦負担がかかるため、粘膜に傷がいきやすくて痔になりやすいです。

でも前立腺オナニーでは、アナルファックのようはピストン動作はしません。じっとしているのが基本の前立腺オナニーの場合、無理やり太いのを挿入したり、グリグリしない限りは切れることは通常ありえないんです。

むしろ、軽いいぼ痔の場合、慎重にエネマグラ(アネロス)を使えば症状が良くなる場合もあります(実体験)。

もちろん本格的ないぼ痔はアウトですが、超小さいやつで自力で治せるようなやつ。

エネマグラ(アネロス)を正しく使うと、肛門周りの血行がどうやら良くなるっぽいです。

いぼ痔原因がデスクワークの座りすぎによる冷え、血行不良の場合、前立腺オナニーでむしろ結構問題が解決しちゃったというわけです。

エネマグラ(アネロス)とは?
エネマグラ、アネロスとはなんなのか?基本知識を紹介します。

お腹の調子はどうなる?

大腸が過敏な人は、直前に行う直腸洗浄のせいでお腹がゴロゴロしちゃうかもしれません。

この状態は翌日も残ることがあります。

対策としては、直腸洗浄の際に水を注入しすぎないこと。

直腸以上に入れすぎるとお腹の中が荒れます。

必要最低限の水の量を見極めましょう。気持ち少ないくらいで十分キレイになります。

前立腺オナニー前の排便・洗浄方法
前立腺オナニーの前に必須となる直腸洗浄に使えるグッズです。

肛門がゆるくなる?

通常の前立腺オナニーで肛門がガバガバになるとかはありえません。

なぜなら、エネマグラ(アネロス)の太さ、特に肛門で安定する部分は、小指より細いくらいです。

挿入するときはヘッドが親指ほどあったりしますが、それも一瞬だけ。中に入れば空洞なので負担はありません。

逆に、アナルバイブなどをピストンすると肛門がゆるくなる恐れはあります。

ただその場合でも、よっぽど無茶苦茶やった場合限定の話です。

基本、肛門がゆるくなるのは心配しなくて大丈夫。

ばい菌に感染する?

不衛生なことをしていたら可能性はないとは言えません。

ただ、実際に感染するとしたら直腸に傷がいった場合でしょう。

傷口は無防備になるので、そこから細菌が侵入して体調がおかしくなるって可能性は捨てきれません。

やはりこれも、普通のちゃんとした前立腺オナニーをしている限りは、まず考えにくい話でしょう。

ゲイっぽくなる?

アナルを使うというとゲイのセックスを連想しがち。

ですが、エネマグラ(アネロス)でその境地に至ることはないです。

もしそっちの世界に目覚めたなら、前立腺オナニーとは関係なく目覚めているはず。たまたまです。

しかし、女性に前立腺を責められたい、というM願望欲は強まりがち。

自分でやるより女性にやられたほうが気持ちいいのも確かです。

前立腺オナニーはやるな!は本当?

前立腺オナニーは危険!ヤッてはいけない!人生が狂う!

というネットの口コミがあります。

これは大げさですが、100%否定もできません。

リスクはあると覚えておいてください。

ただ、少しでもリスクを感じたならやるべきじゃないでしょう。自己責任の世界です。簡単に考えてやらないほうがいいです。

ムラムラが止まらなくなる可能性

前立腺オナニー最大のトラブルが、性欲のムラムラが止まらなくなり暴走してしまうことです。

男性の性感は前立腺が主に感じています。

ここを刺激し続けると、だんだんと感度が上がっていきます。

しかし、敏感になりすぎると、イスに座っただけでムラムラが爆発したり、ドライオーガズムしそうになったりと結構大変なことになります。

一見うらやましいかもしれませんが、日常生活が破綻します。

常にボーッとしてしまい、射精してスッキリしてもすぐムラムラが回復しちゃうんです。

本来は前立腺液が溜まってムラムラするのですが、前立腺が炎症を起こしたり過敏な状態になると、精液の準備ができていないのにムラムラしちゃうことに。

乳首オナニーでも同様の事例あり

乳首オナニーでも全く同じことが報告されています。

日常が崩壊してしまったと。

ただ、どちらにしても、共通点は「かなり頻繁にやっていた」という点です。

つまり休みがなかった。

通常の射精をするオナニーでも、ペースが早すぎると前立腺がおかしくなります。ちょっとジンジンするような、燃えるような感覚があります。

それがもっともっとひどくなるのが、前立腺や乳首の性欲暴走状態。性欲バーサーカーモード。

乳首オナニー(チクニー)の危険性と対策・予防方法
乳首オナニーで危惧される危険性について。リスクと予防方法も。

毎日やるのはやめよう

前立腺オナニーを毎日やるのは避けましょう。

早くドライオーガズムに達するために、焦って回数をこなしても意味がありません。

しかも性欲暴走状態になるかも。

繰り返しますが、性欲暴走は夢の状態ではありません。ただの地獄です。

乳首で暴走状態になった人は抜け毛がひどくなりました。男性ホルモンから派生する抜け毛原因でしょう。

前立腺が物理的に毎日刺激されるのはどう考えても異常です。

たった1日でも、夜にうずいて眠れないこともあるくらい。毎日やそれに近いペースは危険性がかなり高いです。

安全に前立腺オナニーをやるには?

これをやれば100%安全です!という対策もコツもありません。

通常のオナニーより確実にリスクは高いです。

やれることは基本的なこと。

以下の点は守りましょう。最低限です。

道具は清潔に

エネマグラ(アネロス)や指は、しっかり洗って消毒しましょう。

ローションも開封から時間がたったものは使わないようにしたほうがいいです。腐敗しかけている可能性もないとは言えないからです。

古いローションを使うとお腹の調子がおかしくなることも。

NEXUS REVO(ネクサスレボ)~前立腺を揉むスイングマシン
NEXUS REVOは前立腺を安定して揉むことができる最高峰アダルトグッズ。類似品がほぼなく、これを選べば間違いない逸品です。

挿入するグッズの表面をチェック

エネマグラ(アネロス)NEXU REVOなどは、材質が優れているのでまずバリなどの傷は生じません。

それ以外の道具の場合、かならず指でサッと触ってバリや出っ張りがないか確認しましょう。

もし突起などがあると、簡単に出血、痔になります。

ピストンなど動きは加えない

前立腺は強く刺激しても気持ちよくなるわけじゃありません。

むしろ非常に微細な刺激が独特の気持ちよさを生みます。

ピストンしたり、グイグイ前立腺を押したり、といった刺激は全く無駄。むしろ炎症を起こすだけでリスクしかありません。

エネマグラ(アネロス)でもNEXU REVOでも、全部これらグッズにおまかせ。

あとは、アナルの脱力とPC筋への意識、規則正しい呼吸が秘訣。

かなり地味で修行みたいなことが前立腺を気持ちよくして、派手な分かりやすい刺激ほどマイナスだと覚えておきましょう。

連日やらない

毎日やっても平気だぜ!という人もいるんでしょうが、基本はダメです。

連日やることで感覚が麻痺してしまい、普段なら痛みや違和感を感じてしまうことを平気でやってしまう恐れもあります。

そろそろやりたいなあって本当に思えるくらいの感覚は空けるべき。

最初は1週間に1回とかで十分。

その中で、無理せずペースを調整するしかありません。

使う道具は絞る

前立腺オナニーは最初なかなかうまくいきません。

3年やってもドライオーガズムに達しないとか普通です。一方で3ヶ月で達する人もいたり謎な世界。

うまくいかないと道具、つまり前立腺刺激のアダルトグッズをいろいろ試したくなります。今のがダメなんじゃないか?自分には合ってないんじゃないか?って。

ですが、前立腺オナニーに適したアダルトグッズというのは定番がありまして、そこから色気を出して見てもロクなのがありません。

  • エネマグラ(アネロス)
  • NEXUS REVO

この2つが鉄板。

両方とも形状や太さのバリエーションがあります。これを色々試すのはありです。

ですが、それ以外の製品で焦ってやってしまうと、強く刺激しすぎたり、間違った使い方で前立腺を痛める可能性があります。

なんだかんだでこの2つを使っていればほぼ間違いありません。

あとは、やはり呼吸とアナルの脱力。PC筋への意識。射精で気持ちよくなりたい欲求の排除など。これ次第なので、あれこれ道具を試してむちゃしないことが安全に楽しむコツですね。

ドライオーガズム達成のコツ
ドライオーガズムは難しい!でもコツがあります。心理的なことと呼吸法だけで一気にドライに近づきます。
エネマグラ(アネロス)の選び方・全モデル
ドライオーガズム達成に必須のアイテム「エネマグラ(アネロス)」について。使い方から全種類と選び方。おすすめモデルまで紹介。
NEXUS REVO(ネクサスレボ)~前立腺を揉むスイングマシン
NEXUS REVOは前立腺を安定して揉むことができる最高峰アダルトグッズ。類似品がほぼなく、これを選べば間違いない逸品です。
タイトルとURLをコピーしました