風俗通いがオナニーでやめられない理由でやめる手段

風俗通いは癖になりやすく、お金がないのに通ってしまい困窮する人が多くいます。

彼女ができても新婚でも風俗に行ってしまう。この理由は人恋しさがあります。

風俗通いがオナニーじゃやめられない理由

人恋しさが湧きやすい性格

他人と関わるのが面倒で一人がいいというタイプもいれば、誰かと常に連絡を取っていないと不安というタイプがいます。

風俗通いがやめられない人は後者の部類に近く、人恋しさが風俗通いのベースにあります。

寂しさを埋めるのに性的刺激が必要なタイプだから

女性ですぐに股を開くヤリマンタイプがいますが、あれは性的欲求に飢えているのもありますが、人恋しさ、寂しさを埋めるのに性的欲求がセットじゃないとダメだからです。だから別に好きな人じゃなくてもベッドをともにしがち。

男性の場合、風俗通いは一見性欲のはけ口にしか見えませんが、やはり生身の女性と肌を重ねて会話するという部分に寂しさを埋める要素があります。

【結論】性的欲求をオナニーで満たしても風俗通いはやめられない

上記のことから、性的欲求を単純に他の方法で埋めても風俗に行きたくなります。解決するには、人恋しさを埋めるやり取りと性的欲求を同時に実現しないといけません。

風俗のプレイによって得られる性的刺激が重要なのではなく、それとセットになる充足感。人と触れ合っている繋がり感が重要です。

自宅で風俗通い欲求を抑える代替手段

【方法1】ライブチャット

ライブチャットは一般女性がビデオ通話で出演し、男性が1分あたりで料金を払い文字チャットでやり取りするサービス。男性側の映像は映さないのが基本ですが、相手に見てもらうことも可能。

性的刺激は自分によるオナニーになりますが、一般女性相手、生配信、リアルタイムやり取りがポイント。ここが風俗利用と同じ充足感を満たしてくれます。

1時間辺りは安い風俗くらい。風俗だと1時間利用でも着替えや片付けとかが含まれるので実質のプレイ時間が短くなりますよね。でもライブチャットは最初から最後まできっちり活用できます。

パネル詐欺もないし、話してみて合わないと思ったらすぐ女の子を変えられるのもメリット。自宅から出る必要もなくお手軽。お気に入りの女の子ができたらサービスしてもらえるのも風俗と同じです。

【方法2】VR+連動アダルトグッズ

どうしても性的刺激はオナニーじゃないほうがいい!というのならこの手段。

VRのリアルな映像によって脳に充足感が与えられるだけでなく、映像とリンクして動くアダルトグッズによる全自動刺激。ノーハンドで射精まで導かれます。

VRによって映像、視覚が2Dにはないレベルで補完されるため、AVを見て抜くという虚しさがありません。これは大きい。さらに自分の手で慰めない、映像と同時に動くアダルトグッズ刺激によって、女の子にやられている感がかなり再現されます。

このような多角的な要素でリアル感を補えるため、風俗で得られる充足感にかなり近いレベルで満足することができます。

上記方法で風俗通いをやめた場合のメリット

ライブチャットの場合

予算面ではあまり節約になりませんね。自宅から24時間利用できるので、ハマり倒すと風俗より出費が増えるので注意。

もちろん性病リスクはゼロです。風俗より色んな女の子と話せるし、女の子との会話がうまくなります。だから風俗通いでモテなくなっていた人は、意外や意外、女性に対する免疫がついて女性慣れします。もしリアルで女性と離すのが苦手な人はライブチャットで変われるかもしれませんよ。

VR+連動アダルトグッズの場合

性病リスクゼロ。予算面は初期投資が大きめ。フルセットで6万円くらい必要。でもあとは動画見放題が2,980円。単品購入なら500~1000円なので、風俗1~6回分くらいで回収でき、その後は圧倒的にお金が残ります。

毎月給料日ごとに風俗に行く人がいますが、それだと年間30~100万円以上消費してしまうので、それらを投資信託などに投資しておけば10年後に大きな金額で返ってくるでしょう。どっちが人生を豊かにするか考えれば明白です。

オナニーと性の疑問
タイトルとURLをコピーしました