乳首だけで射精する方法

乳首刺激だけで射精は可能?

可能です。

前立腺だけで射精するところてんより簡単です。

ただ、純粋に乳首だけで、となると前立腺と同じく難しい。

でも、ある程度まで射精感を溜めてからなら乳首だけで射精までいけます。

やり方は?

基本は乳首ドライオーガズムと同じ

乳首ドライオーガズムのコツと同じです。

乳首ドライオーガズム(乳首イキ)のコツ
乳首だけでドライオーガズムするためのコツ。かなり難しいですが簡単なコツがあります。

当然、ドライオーガズムより乳首だけ射精のほうが簡単です(それでもある程度難しいですが)。

簡単におさらいすると、

  • 乳首と亀頭を同時刺激
  • 徐々に乳首刺激の割合を増やしていく
  • ほとんど乳首だけにしていく
  • 最後は亀頭は指で支える程度で乳首を強く刺激

精液が溜まっているとこれで射精します。

ドライは精液が溜まりきっていない場合に起きるので、乳首射精の場合はあえて亀頭刺激を多めにするのがコツ。

寸止めまでする必要はありませんが、ドライを目指すより、強めに射精しそうな感じを亀頭で作ると成功しやすいです。

射精したい!と普段どおり思ってO.K.

ドライの場合は、射精したい、射精して気持ちよくなりたい!という気持ちが頭にあるとダメ。

でも射精が目的の場合は、普段どおり性感の欲求に身を任せてO.K.です。

ここが、ドライより乳首だけ射精が簡単な理由です。

最後は乳首だけを強く刺激!

最終的には乳首をつまんで引っ張ったり、引っ張りつつ揺らすと射精しやすいです。

最初からこういった強い刺激はダメ!

射精感が溜まってきたくらいでやると、痛みも感じず、乳首から股間のあたりが繋がったようになりギュイーンとした気持ちよさが突き抜けて射精します。

あと、裏筋は刺激しないように。

裏筋は射精を導きやすいので、乳首刺激と関係なく射精しちゃう原因となります。

気持ちいいの?

射精自体は普通にやったほうが気持ちいいです。

ただ、乳首独特のギュイーン!!という突き抜ける気持ちよさが加わります。

乳首ドライオーガズムはこれがもっと強く出て、体がどうやっても弓反りになるほど。

普通の方法で射精する場合、男性は前かがみに「ウッ!」となりがち。

でも乳首で射精すると、乳首独特の突き抜ける気持ちよさによって、どっちかというと首が持ち上がって上を向くような格好になります。

特に乳首刺激は幸せホルモンであるプロラクチンが分泌されます。

このため、通常の射精に比べて虚しい感じが残りづらく、賢者タイムを軽くすることもできます。

虚しくならない気持ちのいいオナニー方法
射精後に虚しくなってしまう賢者タイム。これを回避するための条件と方法について。
乳首オナニー(チクニー)の仕方
男性の乳首オナニーの仕方とコツを紹介。乳首は誰でも気持ちよくなれる第二の性感帯。刺激しないほうが人生損かも?
タイトルとURLをコピーしました