つままれる乳首

乳首オナニーの仕方(チクニー方法)まとめです。

乳首オナニーは男女ともに簡単にできて、性器を刺激する気持ちよさとは別種の心地よい、でも突き抜ける気持ちよさを得られます

乳首を刺激するとオキシトシンという幸せホルモンが出ます。

最近イライラしたり不安なことがある人は乳首刺激を加えると普段の生活にもプラスになるし、男性は賢者タイムも軽くなるなどメリットがたくさんあります。

乳首オナニーに必要なもの

女性に責められる乳首
  1. 基本は何も不要
  2. 役立つグッズはU.F.O.SA

基本は何も不要

乳首オナニーは基本的に何も必要ありません。

ローションも特には不要です。逆に感じにくくなるくらいです。

また裸になる必要もありません。服の上からの刺激が可能です。

役立つグッズNo.1はU.F.O.SA

U.F.O.SA

乳首オナニーにハマった人のほぼ大半が興味を示し、その内多くの人が購入して絶賛しているのがU.F.O.SAです。

U.F.O.SA~乳首オナニー人気No.1アダルトグッズ

全自動で乳首刺激が可能で、AVと連動する機能もあります。

基本的な乳首刺激の仕方

  1. 最初は服の上からが基本
  2. 指の腹で乳首をクリクリ回転刺激
  3. 左右のどちらかが感じやすい傾向がある

最初は服の上からが基本

乳首を直に触る人が多いですが、最初は服の上からのほうが感じます

というのは、乳首の性感刺激は鈍りやすいからです。

完全に開発された人は関係ありませんが、そうじゃない人は刺激を弱めにスタートしないと気持ちいいと感じる時間が短くなります。

服の上からだと服の繊維の微妙なスレ。これが絶妙な刺激に変化します。

やりすぎても乳首の皮膚が赤くなって痛くなることもありません。

でも直にやると摩擦が強すぎて感じなくなったり痛くなることがあります。

最初は服の上から。

Tシャツなどの上からで十分です。

指の腹で乳首をクリクリ回転刺激

乳首刺激

服の上からの刺激は衣服繊維のスレも利用します。

指の腹で乳首を服の上から小さく円を描くように刺激します

押さえる力は軽くです。

左右のどちらかが感じやすい傾向がある

乳首の感じやすさですが、なぜか左右差がある人がほとんどです。ほぼ間違いなく左右で気持ちいい方の乳首があります。

途中でもう片方の乳首刺激に切り替えてみましょう。

意外と差があることに気づくはずです。

だいたい左のほうが感じるという傾向があるようですが、もちろん個人で違うのでどっちも試してみましょう。

ある程度感じるようになってからの刺激方法

  1. 直に触って刺激
  2. つまんだり引っ張る
  3. 引っ張りながら揺らす

直に触って刺激

乳首感度が高まってきたら直に触るとより気持ちよくなれます。

ただその際も強すぎる摩擦はNGです。

乳首は引っ張るなどの刺激に強いです(赤ちゃんに吸われるため)。

しかし摩擦には弱いです。

男性はペニス刺激のつもりで強くこすりがちなので注意してください。基本的に強くこすってもあまり気持ちよくなれないし、後でヒリヒリして痛みます。

男性はあまりやりすぎると乳首肥大の原因になるので注意。

つまんだり引っ張る

乳首責め

おすすめの刺激方法は、乳首をつまんだり引っ張る刺激です。

No摩擦ならリスクはありません。

引っ張る場合でも強さは軽くです。ギューッとはつまみません。強くつまんで感じるのは上級者だけ。

軽くつまんでクリクリ回したり、引っ張ると感じるはずです。

乳首自体で感じるというより、乳首の根本と中の奥で感じる感じです。

引っ張りながら揺らす

乳首責め

ある程度高まってきたら引っ張りつつ揺らすと気持ちよさがアップします。

激しく揺らしていくと乳首だけでイクことも。

一見激しいようですが摩擦がないのでリスクはありません。

たまに強めにギュイーンと引っ張るのもあり。

ただこの刺激も休み休みにしないと刺激に慣れてしまいます。

強めの刺激は続きすぎると乳首感覚が麻痺してしまうので、指の腹でクリクリするのと混ぜながらやると長く楽しめます。

道具を使った刺激の仕方

  1. ノーハンドでお任せタイプ
  2. 自分の手で操作するタイプ

ノーハンドでお任せタイプ

U.F.O.SAの使用例
  1. U.F.O.SA
  2. プリティラブ ブレストエンハンサー

これらは胸に付ける装着型。

全自動で刺激してくれるのに加えて、両手が空くので他の部位も刺激できるのがメリット。

特に人気なのがU.F.O.SAです。乳首オナニーのド定番アイテムです。

価格が2万円となかなか高額ですが非常によく売れています。

乳首開発としても使えます。

大体の人が値段で躊躇しますが買って良かったという意見が多いです。

プリティラブ ブレストエンハンサーはU.F.O.SAの超簡易版のような製品です。

類似品の中では出来が良いほうです。4,000円ほどで買えます。

完全に乳首が感じる人で、どうしてもU.F.O.SAの予算が出せない人にはおすすめ。ただU.F.O.SAとは別物で超簡易版と思ったほうがいいでしょう。

自分の手で操作するタイプ

指豆ローター

  1. 指豆ローター

指先につけるミニローターです。

パワーがありませんが乳首にはちょうどいいです。200円ほどで激安。指派のチクニストにはもってこい。

ちょんちょんと乳首に当てるだけで気持ちいいです。

女性はクリトリス刺激にもおすすめ。

乳首オナニーで気持ちよくなるコツ

  1. 【男性向け】女装で乳首感度にスイッチオン
  2. 【男女共通】声を出す
  3. 【男女共通】乳首責めのAV(アダルト動画)を見ながらやる

女装で乳首感度にスイッチオン

乳首は女性の方が感じやすくできています。

ですが男性も同様に感じるまで開発できます。

ただそれには、性感=射精という考えから遠ざかる必要があります。

乳首で感じる気持ちよさは射精とは別種で仕組みも違うからです。

そこで女装です。

変態のイメージがありますが、前立腺オナニーと同じく乳首オナニーでも感度を飛躍的に高める効果があります。

女装することで射精するという凝り固まった性感希望から頭を遠ざけることができます。

女装と言っても本格的にせずとも下着だけなのでも効果あり。前立腺専門の風俗では下着を用意していることからも効果は明らか。

【男女共通】声を出す

乳首を刺激する女性

男女ともに効果があるのが声を出すことです。

普段声を出さずにオナニーしている人は、乳首刺激の際は声を出すようにしてみてください。

これだけ乳首の感じ方が変わるはずです。

陸上競技のハンマー投げや円盤投げを思い出してください。

投げた後に叫んでますよね?

あれ、叫ばないようにしたら距離が伸びなくなります。

声を制限すると体の機能が落ちるというわけ。乳首の感度も同じです。元々性器より鈍い性感神経なので、声を出してもいいんだ、という心理状態が乳首の性感レベルを引き上げてくれます。

声と言っても喘ぎ声じゃなくていいです。

素直に声が漏れそうなのを我慢せずに出します。

女性は普段から声が漏れますが、どこかブレーキがかかっているので、もう隣の部屋にちょっとくらい聞こえてもいいやくらいの気分でやると乳首感度がより高まります。

男性は声にならない声でも効果があります。ウッ!とかハァーとかが出るので我慢せず声に出しましょう。

普段のオナニーで声を出していないため、声を出してもいいんだという心理状態が簡単に乳首感度を上げてくれます。

【男女共通】乳首責めのAV(アダルト動画)を見ながらやる

乳首責め専門のAV(アダルト動画)を見ると乳首への意識が非常に強まります。

乳首で感じるには「乳首が気持ちいい」という思い込みも必要です。

動画はその強力な補助となります。

U.F.O.SAと連動する+1D規格の動画ならなおさら。

特にVRだと自分の乳首を本当に他人にいじられている感覚になり、乳首感度開発に大きく貢献してくれます。

乳首をずっと責められるアダルト動画作品

男のいろいろな乳首オナニー方法

  1. ペニス刺激+乳首
  2. 亀頭+乳首
  3. 前立腺+乳首
  4. 亀頭+前立腺+乳首
  5. 女装+乳首

ペニス刺激+乳首

乳首がまだ開発されていなくても、普段のオナニーと組み合わせるだけで確実に気持ちよくなれます。

風俗では風俗嬢が乳首を刺激してくることがよくあります。

あれは感じてもらうためもありますが、早く射精させるためでもあります。

それくらい乳首はペニス感度を引き上げる効果があるということ。

片手で乳首。片手でペニスをしごく。

亀頭+乳首

亀頭オナニーは射精しにくいオナニー方法です。

だから射精しない乳首オナニーとの相性は抜群。

お互いにマイルドで繊細な部位で、かつお互いが性感を補い合います。

なるべく亀頭の表側だけを刺激するのがコツ

裏筋は射精を早めるので、じっくりと高めていくのがおすすめ。

最後は乳首を引っ張って揺らしながら亀頭をグリグリ。

場合によってはドライオーガズムに達します。

前立腺+乳首

前立腺は女性の子宮に当たる性感帯です。

ここを刺激する前立腺オナニーは、男性が最もドライオーガズムしやすい部位です。

乳首との相性は抜群。乳首を刺激すると前立腺の存在がハッキリしてくるほど。

この場合、乳首は前立腺の補助となります。

乳首でイクのではなく、前立腺の感度を高めるサポート効果です。

亀頭+前立腺+乳首

男の性感帯フルセット刺激。

亀頭をペニス全体にしてもあり。

ドライオーガズムというより射精を激しく気持ちよくするための方法です。

亀頭でじわじわ高めていき、我慢できなくなるくらいで射精すると爆発的な気持ちよさを得られます。

ペニスや亀頭刺激を弱めでキープすればドライオーガズムも可能。

女性のいろいろな乳首オナニーの方法

  1. クリトリス+乳首
  2. 膣中(奥)+乳首
  3. クリトリス+膣中(奥)+乳首

クリトリス+乳首

女性も乳首とクリトリスの相性が相関関係にあります。

クリトリスだけ刺激するより乳首刺激が加わると、オキシトシン(幸せホルモン)効果でより穏やかで切ない気持ちよさになります

乳首感度を高めたい場合は、クリトリスは下着の上からなどで刺激量を控えめにします。

クリトリスでいつもの性感を維持し、乳首の性感神経が活発化するのを助けて感度開発が可能となります。

膣中(奥)+乳首

中イキできない女性は乳首刺激によって中の感度を高めることができます。

バイブなどで激しく膣刺激しても中イキは難しいです。

膣中の刺激は穏やかな刺激にして、乳首刺激で全身の性感レベルを底上げしたほうが中イキのキッカケをつかみやすいです。

セックスでも前戯がうまい男性とやることで中イキに到達するケースがあるのと同じです。

できればU.F.O.SAなど手放しで乳首刺激できる状況が望ましいです。

その状態で膣奥の感じる部分を探しましょう。いつもより気持ちいい、高まり続けるようなスポット、動かし方に気づいてきます。

クリトリス+膣中(奥)+乳首

クリトリスと膣中と乳首。

この3点を同時に刺激します。

U.F.O.SAを使うことで両手が空くので刺激の仕方もバリエーションが出ます。

乳首もクリトリスも膣中もハンドフリーのアダルトグッズで固定してしまえば、まるで3人の男性に犯されているかのような強烈な逃げられない気持ちよさに包まれます。

まとめ

乳首オナニーは性器で感じる気持ちよさはとは別種のマイルドさがあります。

一方で全身に広がるような優しがありながら突き抜ける快感があります。

これは乳首から出るオキシトシン(幸せホルモン)の効果です。

男性は乳首オナニーを取り入れることで射精後の賢者タイムがほとんどなくなります。

女性もイッたあとのまどろみがより強くなります。

強い摩擦さえ避ければ痛い、腫れるといったトラブルは起きません。メリットが沢山の乳首オナニー。特に男性はハマる人が急増しています