綿棒を使った前立腺オナニーの仕方

前立腺オナニーと言えばエネマグラ(アネロス)ですが、ネットでは綿棒でドライオーガズムに達するという声があります。

これ、ウソではありません。事実です。綿棒だけでイケます

ではなぜイケるのか?という理由と、どうやってやればいいのか?の2点を解説していきます。

綿棒前立腺オナニーの仕方

用意する綿棒

100円均一でも国産の高級なものでも何でも構いません。エネマグラ(アネロス)みたいに価格差は影響しません(旧式のエネマグラはダメ、アネロスがおすすめという話)。

Amazonで綿棒を検索

綿棒先端にローションを塗ってアナルに少しだけ挿入する

綿棒先端にローションを塗ります。少量で済むので前立腺オナニー向けのローションじゃなくてもいいです。

先端部分が入り切ればO.K.です深く差す必要はなし。勘違いしがちなのは、綿棒で前立腺を刺激するという思い込み。そんなこと無理。まっすぐの綿棒で前立腺を刺激するには、相当工夫しないと無理。

また綿棒で前立腺を直接刺激使用したら、不意の動きで直腸内に刺さってしまい救急車という恐れもあります。

挿入後は通常の前立腺オナニーをするだけ

綿棒を軽く肛門に指したら、あとはエネマグラ(アネロス)と同じように、呼吸を深くゆっくり続け、できるだけ体全体、特に肛門を脱力。前立腺を強く意識。これだけです。通常の前立腺オナニーと変わりません。

なぜ綿棒でドライオーガズムできるのか?

前立腺は瞑想でもドライに達する

これで答えが出てますよね。ドライオーガズムは瞑想でも可能なんです。そんな人は達人なんですが。普通は無理。

なんで無理かというと、前立腺という普段は存在が分からない器官を完全に把握して意識しないといけないから。

エネマグラ(アネロス)というのは、適切な物理刺激(強すぎず弱すぎず)によってこの意識を強制的に働かせているんです。それによって前立腺が感じる。前立腺感度が開発されていきます。

決して、物理刺激だけでドライオーガズムに至っているわけじゃないんです。

綿棒はエネマグラ(アネロス)よりさらに上級。前立腺への刺激無しで、綿棒という異物が刺さっている状態により前立腺が意識されやすくなる。それでドライオーガズムに達します。

物理刺激に頼らないでいいから逆にうまくいく

前立腺の感度を開発するコツとして、あまり強く刺激しすぎない点があります。確かに乳首なんかは洗濯ハサミで強制的に感度開発できるんですが、前立腺は乳首みたいに見えていない体の中の部分。こういう部位は外に出ていないので強い圧力や摩擦を受けるように作られていません。なので強く刺激しても感度は向上しません。

でも男ってペニスをガシガシ刺激したり、女性を強くペニスで突いたり、乳首を噛んだり、とにかく強い=気持ちいいとなりがち。

エネマグラ(アネロス)のときもそうで、できるだけ前立腺に強く当たってほしくなります。でも強く当たっても気持ちよさが上がるわけじゃないですよね。

一方で綿棒は物理刺激がゼロ。瞑想に近い方法です。逆にこれくらい物理刺激に頼れない環境のほうが、意識が前立腺に向きやすくなるメリットがあります。だから綿棒だけでドライオーガズムが可能になるってわけです。

綿棒前立腺オナニーの注意点

挿しすぎるな!

綿棒で前立腺を刺激するわけじゃありません。肛門に頭が入ればいいだけです。綿棒で前立腺を刺激しようとしたら長さも角度も足りないので不可能。可能にしようとしたら奥に入りきって出てこなくなる可能性があります。

移動するな!

一度綿棒を挿したなら、そのまま移動してはいけません。綿棒はエネマグラ(アネロス)などと違い存在感が薄いので、入っていることをふと忘れるときがあります。

そのままイスなどに腰掛けると、綿棒が直腸に刺さる可能性も十分考えられます。

関連ページ

タイトルとURLをコピーしました