前立腺の感度開発方法とコツ

前立腺オナニーは最初気持ちよくありません。でも前立腺の感度が上がってくると違う世界が見えてくる……ではどうすれば前立腺の感度が上がるのか?

ただやみくもに刺激するより、もうちょっと我慢して続けると次第に感度が上がってきます。

前立腺感度を敏感にするための条件

前立腺の位置をイメージできるか?

前立腺は普段の生活でまず意識しません。あることも知らないような人がほとんど。自分の体なのに存在が意識できない場所が気持ちいいと感じるには、当然その存在を認識できないと話になりません

実際にハッキリと存在を認識するのは不可能ですが、前立腺を意識しようとしたらボヤッとでも何となく存在が分かるレベルになると、前立腺の感度はそれなりに高まっていることになります。

定期的で継続的な刺激があるか?

射精するときに前立腺は刺激されています。ですがこれは前立腺の中心の刺激でありごく一部。前立腺オナニーで必要となる感度は、前立腺の外側、周囲から中心に通ずる感度。かなり遠回りな感度です。

そもそも前立腺が外側から感じるというのは男性の日常生活でありえません。不自然なことです。

だから、前立腺の感度を開発しようとしたら定期的で継続的な刺激が必要。要は慣れ。前立腺が外側から刺激されることが不自然でなくなってくると、感度は急激に上がってくるというわけです。

前立腺感度の向上に効果がない方法

強い刺激

男は強く刺激したら気持ちよくなるというイメージが強く、女性とのセックスでも強くやって嫌われがち。

前立腺は女性の子宮の名残りなので、いわば女性とセックスしている感覚が必要です。エロ漫画だと子宮をガンガン突いたら女の子がイクんですが、実際は痛がったり、あんまり感じなかったり。適度な刺激が必要で、強ければ強いほど気持ちいいとは限りません

また、女性が中イキできないといって、自らバイブで奥をズコズコ突きまくって中イキできるようになりません

これと同じで、前立腺感度も強く激しく刺激しても意味がないってこと。しかも、強く刺激しすぎると炎症を起こして前立腺炎を発症。この症状は非常に辛く、はっきりした治療法もないので避けるべき。強い刺激は絶対にご法度!

頻繁すぎる刺激

早く気持ちよくなりたいと願うと、頻繁に前立腺オナニーをして刺激頻度を高めるでしょう。でも危険です。

先ほども述べたように、本来は外から刺激されない前立腺を刺激するので、不自然な行為をやっていることになります。不自然な行為というのはだいたいデメリットを生みます。例えば筋肉を異常に使えば筋断裂を起こして激しい痛みを生じるし、食事だって食べすぎると胃もたれを起こしたり炎症を起こしますよね。

それと同じで、前立腺が外から刺激されること自体が不自然なのに、それが頻繁に続くとどうなるか?かなりの確率で炎症を発症します。すると辛い、治りづらい前立腺炎に発展してしまうかも。

強くもダメですが頻繁にやり過ぎるのも同等にダメなんです。人によって違うでしょうが、毎日や2日1回はやりすぎでしょう。最初は1週間に1回でも多すぎるケースがあるようです。かなり慎重にやるべきですね。

前立腺感度を高めるコツ

あえて刺激しない

前立腺感度が、というより前立腺への意識が完全に開かれている人は、瞑想するだけでドライオーガズムに達します。つまり、前立腺が感じるのに必ずしも物理刺激は必要ないということ。

そして重要なのは「イメージ」であることも分かります。

だから前立腺感度を高めるのにも、物理刺激じゃなくてイメージを鍛えたほうが効果があると言えます。なかなか腑に落ちないでしょうが。

ただ普通に前立腺をイメージしても難しいので、前立腺の近くに意識がいきやすいように工夫して、その状態でなるべくエロい気分を維持する。これをやっていると次第に感度が上がってきます。

綿棒でイメージ

綿棒

上記の方法だと、例えば綿棒を使った前立腺オナニーが有効。これは綿棒を肛門に少し差し込むことで、前立腺を直接刺激しなくても前立腺をイメージしやすくして感じる方法です。実際に綿棒が前立腺に当たるわけじゃないです。当てようとしたら危ない。刺さったら大変。

細いエネマグラ(アネロス)しか使わない

アネロス ユーホー シン トライデント

エネマグラ(アネロス)HELIX(ヒリックス)が一番人気。これは太めで前立腺にしっかり当たりやすく難易度が低めだから。ただ、HELIX(ヒリックス)で練習しても案外と気持ちよくならないケースも多いです。

そこで、本体が細くて難易度が高いEUPHO(ユーホー)で頑張ることで、HELIX(ヒリックス)で粘るより前立腺感度が上がってきます。

なるべくEUPHO(ユーホー)でトレーニングして、たまにHELIX(ヒリックス)が理想。そうやっていると両者の違いがよく分かって重要なアナルの脱力もしやすくなり、より前立腺への意識が高まります。

ちなみにEUPHO(ユーホー)のほうが女性のイキ方に近くて幸せ感、浮遊感が強いですよ。

エネマグラ(アネロス)のモデル解説などはこちら

何気ない日常で前立腺を意識する

例えば日中。数秒でいいから前立腺に意識を傾ける。それだけで前立腺への意識のパイプが太くなり敏感になる道が開きます。

こんなことで?と思うでしょうが、前立腺は物理刺激でどんどん開発されるわけじゃなくて、あくまで意識の問題。物理刺激によって意識が強まる、だからエネマグラ(アネロス)はもちろん、綿棒だけでドライオーガズムできちゃう人がいるんです。

頻繁にエネマグラ(アネロス)NEXUS REVOで刺激していたら炎症や性欲暴走などのリスクが発生するかも。でも意識するだけならその心配はないし、いつでも簡単に可能。地道ですがこういった努力の積み重ねが前立腺感度をアップさせます。

前立腺の感度向上の判断方法

ジンジン・ジワジワが来るようになった

エネマグラ(アネロス)を使っているときに、今までのボヤーッとした気持ちよさから、ジンジンしてジワジワと波を打つような気持ちよさが少しでも感じられたら、かなり感度が高まってきている証拠。

ドライオーガズムはその波がデカくなってきてから訪れるので、そのスタート位置に立てたということは確実に感度が上がっているということです。

射精が気持ちよくなった

射精の気持ちよさは前立腺の気持ちよさです。前立腺オナニーの気持ちよさとは種類が違いますが発生源は同じ。

前立腺の感度が高まっていると、射精のときに収縮する前立腺がより感じるようになります。なんか前より射精が気持ちいいかも……と感じてきたら開発が進んでいるということ。

特に感度が高まってくると、普通の射精なのに体が以前より硬直したりのけぞったり、目の前が真っ白になったりと変化が出てきます。

射精するまでも気持ちよくなってきた

女性と違い男の性感は射精の瞬間だけです。射精のときにしか前立腺が収縮しないから。

でも前立腺感度が開発されてくると、ペニスへの刺激が前立腺への刺激として感じ取ることができます。エネマグラ(アネロス)などによる刺激の気持ちよさとはまた違う、より芯にギュンと来る気持ちよさ。これが勃起してしばらくしてから感じるようになります。

以前は射精の直前くらいからしか気持ちよくなかったのに、オナニーの前半からなんか気持ちいい。ペニスの根本がギュンギュンする、切ないような感覚がある、といった場合は感度が上がっているからです。

前立腺感度が上がると男の通常オナニーでも、女性とまでいかないまでも前半から気持ちよくなれるメリットがあるというわけです。

関連ページ

タイトルとURLをコピーしました