前立腺VR

前立腺オナニーは男にしかできない方法です。

前立腺の一部は女性の子宮に該当。だから女性みたいに子宮でイク、いわゆる中イキが可能となります。

男の場合は前立腺の子宮に当たる部分だけが収縮すると、射精せずに絶頂します。これはドライオーガズムと呼ばれています。

以下はこのドライオーガズムを得るための方法です。

前立腺オナニーの手順

  1. 直腸をきれいにする
  2. ローションを指に付けてアナル内部によく馴染ませる
  3. エネマグラ(アネロス)などの前立腺刺激グッズを挿入する
  4. 前立腺へ意識を集中させつつリラックスして快感の波が来るのを待つ

直腸をきれいにする

洗浄

前立腺は直接触れることができません。

直腸から間接的に刺激するしかない。

そのため肛門から刺激する必要があるため、便が残っていないようにきれいにする必要があります。

あくまで指が入るくらいのところがきれいになればいいだけ。だから本格的な浣腸などでスッキリする必要はありません。

ローションを指に付けてアナル内部によく馴染ませる

大浦真奈美VR

ローションを指につけて、アナル内部に馴染ませていきましょう。

人差し指が抵抗なく出入りできるまでアナルをほぐす必要があります。

ここで焦って次の段階にいくと、アナルの薄い皮膚が傷ついて出血を起こすことがあるので注意。

どれもグリセリン不使用。NEXUS SLIDEは若干入っているようだが問題ありません。

グリセリンは浣腸の主原料で腸の活動を活発にして排便を促す作用があります。

個人差がありますが、お腹が緩くなって前立腺オナニーを中断せざるを得ないこともあるため、グリセリンはなるべく避けたいところ。

ほとんどのローションはグリセリン配合。しかもたっぷり配合なのでおすすめしません

エネマグラ(アネロス)などの前立腺刺激グッズを挿入する

前立腺おすすめグッズ

エネマグラ(アネロス)やNEXUS REVOなどの前立腺刺激グッズにローションを塗り挿入していきます。

前立腺刺激はこのどちらかが鉄板。

ドライオーガズム達成のためならエネマグラ(アネロス)。

前立腺開発やペニスなどとの複合オナニーならNEXUS REVOが適しています。

シントライデントはシリコンコーティングされた最上級モデル。

予算に余裕があれば推奨。なければ通常モデルで十分です。

NEXUS REVOはエネマグラ(アネロス)より太いので、初心者は若干挿入に苦労します。

ただ自動で前立腺をもみ続けてくれるのはこれしかないため、前立腺開発のために使う人も多いです。

前立腺へ意識を集中させつつ、リラックスして快感の波が来るのを待つ

前立腺は激しく刺激しても気持ちよくなりません。

必要なのは前立腺への意識集中。いかに前立腺の存在、かすかな気持ちよさをとらえられるかが重要。

アナルは締め付けず、体全体をリラックスさせた状態で待ちます。

うまくいけば浮いたような心地よさとともに、今まで感じたことのない快感の波が何度も来る。

それを飛び越えた先に「とんでもない」気持ちよさが来る。体は言うことを効かなくなるし、声が我慢できないので環境には注意してほしい。

その他の前立腺オナニーの仕方

  1. 綿棒
  2. 妄想イメージ
  3. ディルド

綿棒

綿棒

綿棒先端にローションを付けて、綿の頭部分+αくらいまでアナルに挿す。

その状態でエネマグラ(アネロス)などと同様に快感を待ちます。

綿棒は前立腺にタッチしていない。

なぜこれでドライオーガズムが来るかというと、結局は前立腺へのイメージが重要だからです。

女性は好きな男子の仕草に子宮がキュンキュンしちゃうと言いますよね。

このとき子宮や膣奥に何も物理的な刺激は加わっていません。妄想や視覚情報だけで子宮が反応しています。

男の前立腺は子宮なのだから同様のことは可能です。。

綿棒を挿入することで誰でもアナルに意識が向きます。

同時にその先にある前立腺にも意識が向く。

綿棒は水先案内人というわけです。

妄想イメージ

綿棒のさらに上を行く方法がこれ。

前立腺への意識が重要。ただ普通では無理。そこで綿棒を挿入することでイメージ補助をしたのが綿棒オナニー。

もっと妄想力、イメージ力が強ければ綿棒さえ不要。

何もなしにドライオーガズムできる人もいる。これは事実だがここを目指す必要はない。

普通にエネマグラ(アネロス)で十分だ。

ディルド

NEWスクランブルペニス

ペニスの張り型であるディルドを挿入して前立腺を刺激する方法。

ゲイやホモというわけではない。

反り返ったディルドはどんなアナルスティックやバイブより、確実に前立腺を刺激する。

間違っても激しいピストンは禁止。

そういった刺激はアナルを痛めるだけ。

あくまで前立腺を刺激するのだからストロークはほぼいらない。ゆっくりまったりと短く動かせばいい。

使えるディルドは以下を参考。

まとめ

前立腺オナニーは、男性ができるオナニー方法では最も強い性感を得られる。

だが一番難しい方法でもある。

1年続けてもドライオーガズムに至らないのは普通のことと思ってほしい。

でも前立腺が気持ちいいと感じるのは誰でも比較的早い段階で分かる。

射精とは違う癖になる気持ちよさ。

まずはこの気持ちよさを味わうをおすすめする。

そのうち、突然やってくる。とんでもない気持ちよさが。

ベッドの上だとベッドから落ちたり、壁に頭をぶつけるほどコントロールが効かなくなる。

とにかく地道に続けるしかない。焦らずにやっていってください。