オナニーが気持ちよくない理由と対策方法

なぜオナニーが気持ちよくない理由

性欲が落ち着いちゃったから

性欲は30代になっても衰えない人が稀にいますが、基本的に10代の後半から徐々に落ちてきます。

理由は主に、ホルモンバランスの変化と、社会人としてのストレスなど。

実際に目立って落ちるのは20代後半に差し掛かるくらいから。この辺りで個人差がかなり出てきますね。

普通10代なら誰でも性欲盛んですが、そうでもない人がいますし、なんか落ち着いちゃったという人もいます。

以前よりオナニーが気持ちよくなったのは、単純に性欲が落ちているから、というのは年齢に関係なく十分ありえるでしょう。

気持ちよさに慣れちゃったから

オナニーで得られる気持ちよさの内容、強さ、種類などが完璧に脳内で再生できると、もう分かりきったことをやる行為になります。

男女ともにパートナー以外とのセックスに惹かれてしまうのは「どんなセックスになるか想像つかない」からです。

女性は相手との心の繋がりで性感が増しますが、男性はそれがあまりないので浮気率が高いです(女性も同様の人はいますけどね)。

性感は性感ですが、気持ち部分を言語化して内容を説明するのは困難。

でも慣れきった相手だと、まず前戯はああして、これくらいの時間をかけて、次はこの体勢で……と脳内で言語化できてしまう。だから気持ちよくないんです。

つまり性感の気持ちよさというのは、想像できない部分が必要というわけ。

オナニーの場合は基本、毎回同じ内容でやるのが普通です。

それでも絶頂の強さや高まり方というのは微妙に毎回違うものです。

ですが、それがもう脳内で完全に再生できる。想像が付く。

この状態になると無理にオナニーしても微妙です。

ストレス・精神面が邪魔しているから

特に男性に強く影響する原因ですね。

男性が勃起を維持できなくなる理由の大半は精神的な悩みやトラウマ、ストレスです。

オナニーに関しても同じで、精神的な悩み、ストレスがあると気持ちよさが大幅に減ってしまいます。

そもそもオナニー中というのは興奮しているようで、実際は副交感神経が活発になりリラックスしている状態です。男性は射精の瞬間だけ交感神経が活発になります。

ストレスがかかっている、何か悩みを抱えている状態はリラックスできていないので、性的興奮を生み出すのには適していない状況なんです。

どれだけ性欲が強い人でも、Mっ気がゼロなのにSな相手に責められたら男性は勃起しないし女性は濡れないでしょう。

つまりそれだけ、性感は精神的支配に影響されやすいということ。

オナニーが気持ちよくない理由になるのも分かりますよね。

方法がマンネリ化しているから

先ほど説明したセックスの話。

違う相手とヤリたくなるのは、全くどんな内容になるのか想像がつかないからです。

オナニーなんかは自分でやりますよね。思いっきり想像できます。

ただエロ動画や妄想する内容は無限にあります。

だからマンネリ化を防げています。セックスで言うところの相手を毎回変えているようなものだからです。

とは言っても、どうしてもエロ動画や妄想はワンパターン化してきます。見る動画のジャンルは似通ってきますし、妄想する相手も限界があり、自分の想像力の範囲に収まってしまい幅がなくなってきます。

そうやってオナニーがだんだん気持ちよくなくないなって思い続けてくると、次第に性欲自体も衰えてきます。

性欲が衰えると、もっと気持ちいいやり方はないか?もっと興奮できるネタはないか?といった探す意欲も減ります。

そうやって次第にオナニー自体に興味が薄れていっちゃうんですね。

オナニーを気持ちよくするのに試したい対策

ではオナニーを気持ちよくするにはどうすればいいのか?

考えられる対策は以下の通り。

1.たっぷり寝る

ものすごく単純ですが、睡眠不足だと性欲・精力は明確に落ちます。

クタクタになって仕事や学校から帰ってきたら、早く寝たいとは思うもののオナニーしたいとは思わないでしょう。

だから自分で明確に疲れていなくても、多少の睡眠不足であっても性欲に影響しちゃいます。

ぐっすり寝ていると睡眠中に成長ホルモンが多く出ます。成長ホルモンが出ないと他のホルモン分泌にも影響が出て、性欲が落ちることが研究で分かっています。

最近オナニーが気持ちよくない人は、あと30分でも長く眠るようにしてみてください。それだけ違ってくる可能性がかなりありますよ。

2.異性と会う・異性が多い場所で過ごす

やはり異性と会う、それもできるだけ近い距離で過ごす、または異性が多い場所で時間を過ごす。

これだけで性欲は高まり、オナニーの気持ちよさが飛躍的に上がります。

異性の体つきや匂いは性的興奮材料となります。全くそういった機会がないと、オナニーは本当に「処理」しているだけの行為になり、味気ない、気持ちよくないものとなります。

では具体的にどうすればいいのか?

  • クラブ
  • 出会い系
  • マッチングアプリ
  • 相席居酒屋
  • キャバクラ

まあお金をかけずにとなると限定的。でも風俗はその場限り。こういった異性との接触機会が増えると、その際の性欲アップ効果は持続します。

  • あの人かっこよかったな
  • あの子エロかったな

そんな妄想が頭に浮かべばオナニーは確実に気持ちよくなります。

【男性向け】まともに使える出会い系サイト一覧
登録してもトラブルがなかった出会い系サイトを紹介。外のサイトであったトラブル事例も紹介。

3.(男性は)筋トレをする

ひょろひょろな男性より、ムキムキなほうが性欲が強いイメージですよね。

筋トレをすると成長ホルモンが出るだけでなく、男性ホルモンのテストステロンも分泌が促進されます。

運動が趣味の爽やかな人がモテて、インドアでゲームばっかりの運動不足な人がモテないイメージですが、偏見もあるけど間違ってはいないんです。運動する男性は男性ホルモンが減りづらいため、性欲が維持されてオナニーもセックスも気持ちよくなります。

でも部屋に閉じこもってオナニーにふけっているだけだと、どうしてもオナニーは気持ちよくなくなってきます。

何もスポーツジムで本格的に筋トレをする必要はありません。

腕立てとスクワット、できれば腹筋。

これだけでオナニーは確実に気持ちよくなります。

コツは、なるべく大きく、負荷をかけるときはゆっくり。戻すときはやや早めに。

寝る前に行うとぐっすり眠れて性欲がアップ。さらに成長ホルモンもアップ。一石二鳥ですよ。

ちなみに、乳首オナニーで気になる乳首ポチは、胸の筋トレで回避できます。

乳首オナニー(チクニー)の危険性と対策・予防方法
乳首オナニーで危惧される危険性について。リスクと予防方法も。

4.アブノーマルなオナニー方法を試す

10代の頃、初めて性行為に興味を持ち出したとき、男性なら女性の膣ってどうなっているんだろう?女性なら男性の体や匂いって……抱かれるとどうなるんだろう?と異性の未知なる部分に興味を持ちます。

ですが、最近はネットがあるせいで性の知識はみんな早い段階でパンパンです。

そのためエッチなことに慣れちゃって、探求しようとする欲が薄くなっている傾向。

昔は河川敷に落ちていたエロ本を、誰にも見つからないようにこっそり持って帰ってオナニーするなんて話が本当にあったんですよ。

ではエロにあふれた現代ではどうすればいいのか?

ネタではなくオナニーの仕方で未知なるやり方を試してみてください。

乳首オナニー(チクニー)の仕方
男性の乳首オナニーの仕方とコツを紹介。乳首は誰でも気持ちよくなれる第二の性感帯。刺激しないほうが人生損かも?
前立腺オナニー(アナニー)の仕方
ドライオーガズムが体験できる前立腺オナニーの仕方を紹介。
VRバーチャルセックス(VR連動オナニー)の仕方
アダルトグッズと連動するVRのAVを使った、一切手も頭も使わない完全自動オナニーの仕方。私のメインオナニー方法はこれです。
腰振りオナニー(疑似セックス)の仕方
腰を振ってオナホに挿入する腰振りオナニー(疑似セックス)の仕方について。たったこれだけでオナニーが3倍気持ちよくなります。

どれも未知の気持ちよさを体験できます。

こういったオナニー方法をやっていると、普通のオナニーをしたときも気持ちよさが増すようになります。

なぜなら、男の性感帯である前立腺感度が上がるからです。

ただリスクを理解してハマるように!

タイトルとURLをコピーしました